無料レッスン▶︎Youtubeにて公開中

映画「クワイエット・プレイス2」を観てきました

6月25日金曜日

今日はすべての予定が終わったあとに、
前から公開を待ちわびていた、パニックホラー「クワイエット・プレイス2」を映画館に鑑賞に行って来ました。
コロナの影響もあり、全世界から期待の目を向けられながらも公開がのびのびになっていた作品です。
実際アメリカでは興行収入1億ドルをコロナ後の作品として初めて達成したそうで、長らく低迷を余儀なくされていた映画業界に光明をもたらす作品となったとのこと。

宇宙からやってきた、音に反応し人間を襲う怪物によって壊滅状態となった地球が舞台のこの作品。
地球外生物なんて言った時点で使い古されたエイリアンもののように思われるかもしれません。
ハリウッドのモンスターものって、もうだいたい怖がらせるパターンがわかっているし、演出で死ぬキャラクターがすぐにわかっちゃうから全然怖くない、僕はそう思っていた一人ですが、

本作はモンスターが「いつ出てくるかわからない」怖さではなく、音を立ててしまったときに待ってましたとばかりに恐ろしい勢いで迫ってくるという設定が怖さの肝になっています。
子供の頃本気で感じていた「悪いことをすると鬼が自分を捕まえにやってくる」みたいなトラウマを思い出させられる演出とでもいいましょうか。。
まるで太刀打ちできない相手に追われる命がけのおにごっこ。この焦燥感がまた、いい!

古典的なびっくり!も、もちろんありますが、モンスター映画は静かなときが一番怖いもの。
本作は全編通してアクションシーン以外は本当にASMRかよ!よ言いたくなるほどしずかな演技が続くため、
どんなにビックリ耐性のある人でも、沈黙が続くことによって緊張度MAX状態に持っていかれます笑

間違いなくモンスター映画のエンタメ性を一段階引き上げた作品と言えるでしょう。

一作目があまりにも秀逸な設定、脚本だった上に続編が既に決定しているかのようなエンディングでしたので、
いち映画ファンとしては公開が延期されるたびに首が伸びて伸びて、ダンス的にはよかったような気もしますが、とにかく待ちに待った続編でした。
一作目の公開が既に数年前のことで、続編公開に合わせ色んな配信サービスで配信されているはずので、ぜひ前作をおさらいしてからご覧になることをオススメします。

予告編はこちら、モンスター映画や突然の音などが苦手な方はご注意ください。
《一作目》

それではまた!
(文章を推敲している間に日付が変わっちゃいましたが、許してね!)

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる